トレンド

アップルがEpicを反訴?!泥沼化の現状を解説(Epic Games(Fortnite) vs Apple)

  1. HOME >
  2. トレンド >

アップルがEpicを反訴?!泥沼化の現状を解説(Epic Games(Fortnite) vs Apple)

2020年9月9日、Appleが大手ゲーム会社Epic Games(エピックゲームス)を反訴しました。

 

反訴???

そうです。

実は1ヵ月ほど前にEpicがAppleを提訴しており、それに抗議する形で反訴を行ったのです。

かなりの泥沼交戦になりそうな気配がしてきますね…

 

今回の反訴の中身と、お互いの主張をさくっとまとめてみました。

ゲームを普段しない方でも、「プラットフォーム」という大きなビジネスモデルが崩れ去る可能性のある話なので

理解しておいて損はないでしょう。

 

反訴に至るまでを時系列解説

何が起きたのか、順番に解説していきましょう。

 

➀Epic Gamesが独自のプラットフォームを展開

2018年12月に、Epic Gamesストアというものを立ち上げました。

 

任天堂オンラインストアや、PS®store、そしてApp StoreやGoogle Play Storeと同じように、

ゲームをダウンロード(DL)できるサイトを立ち上げたわけですね。

 

Epic Gamesストアのメリット

このストアを使うメリットは、主に「ゲーム制作会社」にあります。

 

App StoreやGoogle Play Storeでは、

「アプリ内の課金額の30%をプラットフォーム料として支払う」というものがあります。

 

なので、私が1万円ゲームに課金すると、

3,000円はAppleかGoogleの利益になるわけですね。

 

これを、Epic Gamesストアでは、「12%」としました。

ゲーム会社からすると、今まで課金の70%しか利益にならなかったのに、

Epic Gamesストアで課金してもらえば、88%が利益になるわけです。

 

そうなると、Epic Gamesストアで課金してくれたほうが嬉しいですし、

その分お客様へ還元することもできるようになるわけですね。

 

➁Epic Gamesストアで課金を促すキャンペーン

今回の騒動の発端となったのが、こちらです。

 

要は、こういうこと。

注意ポイント

App StoreやGoogle Play Storeじゃなくて、

Epic Gamesストアで課金したほうがお得だよ!

 

当然ですが、ユーザはお得なほうに流れますよね。

そして、App StoreやGoogle Play Storeで課金する人はいなくなってしまいます。

 

この誘導行為を、AppleおよびGoogleは"禁止"しています。

規約に、明記してあるわけですね。

 

➂App StoreおよびGoogle Play Storeからフォートナイト削除

この➁の行為をもって、AppleおよびGoogleは、

フォートナイトをアプリストアから削除しました。

 

アプリストアから削除されてしまうと、

◆新しくフォートナイトをダウンロードできない
(新しく遊び始めることができない)

◆更新データがダウンロードできない
(バージョンアップができない)

といった問題がおきます。

 

➃Appleを独占禁止法違反で訴訟

そしてEpic GamesはAppleを訴えました。

内容は「Appleが配信のプラットフォームを用いて市場を独占している」ということ。

 

まぁたしかに、自分たちのプラットフォームを使うように促すことができない、という状態は

市場の独占と捉えられなくもないですね。

 

ただ、AppleやGoogleの規約に了承したうえで配信している以上、

「条件をのんで配信したのに訴訟て…」という意見もあるでしょう。

 

➄AppleがEpic Gamesのアカウントを削除

8月末に、さらなる制裁として、App StoreにおけるEpic Gamesのアカウントを削除しました。

これにより、新しい開発やアプリの更新がほとんどできなくなってしまいます。

 

iPhoneユーザとしては、あまりにつらい状況ですね…

フォートナイトが大好きな方々は、できれば早めに他のプラットフォームで遊ぶようにしたほうが良いと思います。

 

➅AppleがEpic Gamesを反訴

そして、Appleが反訴しました。

内容は、以下。

参考

Appleは、Epic Gamesに対して、契約違反の責任を問うとともに、
Epic GamesのゲームであるFortniteが独自決済システムにて売り上げたお金を賠償請求。

さらにFortniteを含む全アプリでの同決済システムの禁止命令を要請

 

これはつらいですね…

いくら大手ゲーム会社といえど、Appleの本気に勝てるのか、心配ではあります。

 

AppleもEpic Gamesを捨てたいわけではない

でも、Appleの反訴内容には一部優しさもあるように見えます。

 

要は、「お金で許す」という形なわけです。

こういう場合の多くは、「二度とApp Storeでの販売をさせない」ことが前提にありますが、

大人気ゲームを消し去る、というのはプラットフォーマーとしても痛い選択なので、そういう動きではないように見受けられます。

 

そもそも1社独占ではなく、Googleのプレイストアなどもあるので、

何でもかんでも排除だけをし続けると、iPhoneユーザ自体が離れてしまいかねないですからね。

 

まとめ

今回はAppleがEpic Gamesを反訴するまでの経緯を解説しました。

最後にまとめを記載しましょう。

サマリ

◆発端
プラットフォーム料が売り上げの30%
⇒高すぎる!という反発

◆本件の経緯
➀Epic Gamesが独自のプラットフォームを展開
➁Epic Gamesストアで課金を促すキャンペーン
➂App StoreおよびGoogle Play Storeからフォートナイト削除
➃Appleを独占禁止法違反で訴訟
➄AppleがEpic Gamesのアカウントを削除
➅AppleがEpic Gamesを反訴

補足:フォートナイト(Fortnite)とは
⇒Epic Gamesが運営する、シューティングやバトルロイヤル要素の強いソーシャルゲーム

 

任天堂だってNintendoストアがあり、

ソニーだってPSストアがあり、

Amazonだって本や音楽のプラットフォームがあります。

 

どの会社も「プラットフォームビジネス」が一番美味しいと分かっているからこそですね。

だからこそ、Epic Gamesが今回の裁判で勝ってしまうと、みんな独自のプラットフォームで、30%の手数料を払わなくていい状況を狙います。

 

…そうなると、僕らユーザーは、どんなサービスやゲームをするにも、それぞれのプラットフォームに登録しなきゃいけない、なんてことになりかねないですね。

それはちょっと…

あとは、最安値を買いに頑張るか、コンビニの定価を買うか、みたいな感覚で、意見は割れるのではないでしょうか。

 

今後も様々なニュースが出てくると思いますので、

プラットフォーム戦争の動向をしっかりと掴むようにしましょう。

 

この裁判の行方次第では、他のプラットフォームの会社も

「30%」という利用料を改めなければいけなくなる可能性もあるので、アプリ市場・ゲーム市場がガラリと変わる可能性がありますからね。

 

 

当ブログではトレンドの他にもネットにまつわる情報を余すことなく紹介していますので、

ブックマークや、Twitterのフォローなど、よろしくお願い致します!

-トレンド
-, ,

© 2021 ネット君のインフォメーション