音楽

作詞連載シリーズ【なつ歌詞2】『LR』

2020年7月9日

  1. HOME >
  2. 音楽 >

作詞連載シリーズ【なつ歌詞2】『LR』

2020年7月9日

※趣味100%の内容になります。

「なつ歌詞」の第2弾です!

第1弾と同じく中学3年生のときに書いていたものですが、これはメロディと一緒に降ってきたものになります。

何度も口ずさんで、言い方が納得できるように何度も改定して。

中学3年生でクラス最下位の点数をとったのはこれが原因かもしれませんね。(笑)

でも、後悔はしていません!

 

なつ歌詞2 『LR』

I'll need to get the bond to road

A.ものごころつき 出逢えた仲間
何をするにも常に同じだったから
共に目指した あの星空を
夢みてるまま 今も変わらず

B.こんなにも共に過ごすことを
当たり前だと思うことほどの愛が
この町の中で育っていく

S.君がいて 僕がいて
笑いあって生きられたらいいな
なんて思ってた この日々が過ぎて (prior time passed)
旅人は 去っていく
また会えるって信じてるんだ
つながった想い/絆この胸に…

A.道ゆく道に躓き
旅なき旅の中で
リフレインする言葉 色褪せない過去
とめどなく溢れ出してくる

B.雲一つない空 水色の世界で
心の澱みを取り除いてく

S.寂しさも苦しみも
消し去ることはできなくて
永遠に彷徨い続ける一人旅 (alone travelor)
越えられない壁眺め
隣にいない友を眺めて
いくつもの笑い話を振り返る

C.携帯のアドレス帳
まっさらにした自分
未来で待ってくれてると分かっても
見えない先 託せない心

S.君がいて 僕がいて
笑いあった思い出があって
その先はまだ見ることができなくて
創るのさ 自らで
オレたちで切り開くんだ
さぁ 壁なんて突き抜けろ

D.past presence future
We went through one road
see assault bond
We'll go through next road
お前との誓いで奮い立たせ
次のtourに繋げていこう

 

当時の状況解説

やっぱり、この頃は「恋愛」より「友情」が最高!と自分で言い聞かせながら、男で盛り上がっていた気がします。

もちろん片想いはしていましたけどね。

しかも中学は1年生で一目惚れして、告白できずに3年間片想い、というこれまたストーカーかのような片想い歴。(笑)

 

この歌詞も曲になっているのですが、演奏したときに「この曲が一番かっこよかったです!」と後輩に言ってもらえて、こっそりがっつりガッツポーズした思い出は今でも覚えています。(笑)

いつかまた演奏したい歌詞です。その際にはみなさんもぜひぜひ。

-音楽
-,

© 2021 ネット君のインフォメーション